ポポンの気まぐれ1・2・3

アクセスカウンタ

zoom RSS 親の心、子知らず。

<<   作成日時 : 2012/03/06 08:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

これはみんなが通る道なのか・・。

今月の20日に両家の顔合わせをして、4月の末には入籍をする予定の息子。

彼女と一緒に暮らすことがよっぽど楽しみなのか、
ここのところ機嫌も抜群に良いんだよね。

ただ息子としては当初は結婚ではなくて同居だけを考えていて
けじめとか流れの中で入籍することになったわけで
結婚に対する想いはちょっと温度差があるのかもしれません。

顔合わせの日程とかお店の選定とかは親まかせだったけれど
それでもそれに対してはすごく感謝してくれたし
ちゃんと美容院へ行ってさっぱりしてきたし
息子なりにできることはやっているのだと思います。

息子達の新居は千葉市の蘇我というところ。
同じ千葉市内だけど車で30分くらいかな。

家を出ると言っても簡単に行き来できる場所だから
そんなに実感はないのかもしれないけれど

でも独立するわけだから
私としては、家族4人で揃ってご飯を食べる時間とか作りたいって思うわけ。

今後ももちろん一緒にご飯を食べる機会はたくさんあるわけだろうけど
その時は彼女も一緒だろうし(それが嫌だという事ではありませんよ、もちろん)

私も3・4月は一番仕事が忙しい時期だし
娘もサービス業だから土日が必ずお休みというわけでもないし
息子の仕事はハードだから平日に早めに帰ってくることもほぼないし
4人の予定を合わすってすごく大変。

でもねぇ、息子にしたらあくまでも彼女優先な感じなんだよね。

これから嫌って言うほど一緒にいるんだから
いいじゃん、少しくらいこっちを優先してくれたってさーって思うわけだけど

自分の時はどうだったろう?って考えると
私も似たりよったりだったのかもしれないな、って思ったりもするのです。

私が結婚したのは息子と同じ24歳の時。
私は18歳で就職したから社会人としての時間は息子よりもずっと長いけれど
今思えばやっぱり子供だったよねぇ。

息子よりはもちろん感慨深いものもあって
鹿児島へ行く前の晩は同じ部屋で親子3人で寝たり
感謝の気持ちを手紙に残したり
鹿児島へ向かう飛行機の中でずっと泣いていたりしていたけれど

それでも鹿児島へ行くまでの期間はそんなに親の事を考えたりしなかった気がする。
遠距離で今みたいに携帯とかないから、自宅の電話で連日長電話して
すごい電話代になって親ともめたりもしたし。

今思えば

息子が家を出る・・・それが同じ千葉市内でもこんなに寂しいのだから
一人娘を鹿児島へ出す親・・・特に母の気持ちはどれほど複雑だったんだろうと。

寂しいけれど嬉しいと言って羽田空港で涙ぐんでいた母

その母の気持ちを考えると
やっぱり私も親の心子知らずだったんだなって思います。

親はちょっと離れたところから子供の幸せを願うって感じなんでしょうかね。

4人で・・・ってこだわらずに、彼女も一緒にご飯食べればいいのかな。

娘って嫁に出すけれど、親とは密に連絡を取ったりする気がするんですよね。
息子は名前は継いでくれるけど、実際にはお嫁さん寄りになると思うし(我が家もそうだし)
それが家庭としてはうまくいくパターンなのかな、って思っているので
息子たちの生活にこれからそんなに干渉するつもりはありません。

だからこそ今しかない4人の時間を大切にしたいと思ったり・・・・。

なんだかね・・。

一人で感傷的になってる母であります(笑)

すぐに息子がいない生活にも慣れるだろうなっと思ってますが。

そして年に一度くらいゴスのライブに一緒に行きたいという野望を抱いていますが
甘いですか?(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
涙ぐみながら読ませていただきました。
私はまさに子知らずなことしてしまいましたから。
中退、結婚、海外、と自分の意思ばかり通して両親には迷惑かけました。若干二十歳とちょい。情熱が全てだ!みたいな感じで。
何一つ反対しなかった両親。ただ私が遠くへ行くのがたまらなく寂しかったそうです。進学で東京行ったときもめちゃめちゃ心配してましたから(笑)それが次は海外だなんて、ひっくり返りそうだと。
成田で崩れ落ちて号泣していたあの時の母の姿は一生忘れられません。
私は多忙な上、普段私や娘の食事等用意してくれる母には感謝しきりです。母は孫と娘の世話やけて幸せだと言ってくれます。しかし、そろそろ無理させず、私が母に恩返ししなくてはと思います。
将来は確実に主人について海外生活になります。それまでにいっぱい親孝行したいです。

何かすみません。私の話を長々と(汗)

ポポンさん、きっと今嬉しくもあり、寂しくもあるんですよね。
息子さんと少しでも家族水入らずの素敵な時間を過ごせますように。
むみ
2012/03/06 14:52
>むみさん
こちらにもコメントありがとうございました。
むみさんもかなりの子知らず?(笑)
いえいえ、むみさんもお母さんだから十分感じていらっしゃるでしょうが、
親の望みは基本的には子どもが元気で幸せなことですよね。
きっとむみさんの行動力にハラハラしながらもご両親は頼もしく思っていらっしゃったのではないでしょうか?
でも東京→海外っていうのはお寂しかったでしょうね・・。
私、車で30分の距離で泣いてますから〜(笑)
でも今はご両親と一緒もしくはすごくお近くに住んでいるんですよね?
それはお母様にとってすっごく幸せなことですよ〜(*^^)v
むみさんが感謝している事を伝えていればもう十分。
むみさんがどのタイミングで海外に行っちゃうのかがちょっと私も気になるけれど、元気な姿を見せて親孝行してくださいね。

私も彼女(お嫁さん)と仲良くして、ゴスのライブの時に息子を一日貸してもらえるようにしたいです(笑)
ポポン
2012/03/06 19:56
子供が出来て初めて親の気持ちが分かるんじゃないのかな?
ずーっとその繰り返しで親から受けた恩は子供に返すものなのかも知れません。私なんて未だに心配かけてますからね(^^;;

Kuroa
2012/03/08 18:24
>Kuroaさん
そうかもしれませんね。
人っていろいろと想像はできるけれども
実際にその立場になってみないとわからないことがほとんどだから。
今はKuroaさんのご両親もご心配でしょうが
でもKuroaさんが幸せになるための一歩ですから
きっと心配しながらも応援してくださっているのでは?

来月、同期会を予定していますが(私、幹事)
ちょっと参加は難しいかな? また改めて連絡させてもらいますけどね。
ポポン
2012/03/09 07:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
親の心、子知らず。 ポポンの気まぐれ1・2・3/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる